--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-17

OH

お久しぶりです。免許取れた途端に書かなくなるとかほんとにただの自動車学校日記になってるじゃないですか。
ううん、でも違うの。まだタイタンさんに年賀状を描いてないのが気まずかっただけなの。
貰った年賀状の感想すら伝えていないの。気まずい。早く書かなきゃ1月が終わる。

あけましておめでとうございます。

もう17日ですね。
そんな私は12月17日に交通事故をやっちまいました。
仕事に向かう途中自転車で走ってたら車とぶつかってガシャンと倒れる感じで転んだだけなんですが、一応救急車呼ばれて病院で骨や内臓まで調べられました。
でも膝を擦りむいたのと、鳩尾に自転車のハンドル痕っぽい痣が出来ただけで済みました。
9月に一人ですっ転んだ時の方が膝の傷が深かったくらいの軽傷です。
自転車は曲がってしまったので廃車になりましたけど。
そんなもんで良かったです。
相手の方もまぁ自動車だから勿論ですが、特に怪我もなく。

新年は怪我なく頑張ります。

スポンサーサイト

2009-12-10

ひとつだけ

私結構心配症というか常に最悪の事態をイメージしちゃって無駄にびびってるわけです。
「あ、幼児を自転車に乗せてる…いいなぁ私もイスつけてきーくん乗せようかなー」と思った直後には「でもああいうイスの留め具が緩んでて子どもだけが車道に振り落とされてそこに車が…」とかすぐ考えちゃうんです。
洗濯物抱えて階段を上るお母さんを見たら「洗濯物の重みでバランスを崩したお母さんが落ちてきたらどうしよう…受けとめようとしたら共倒れするだけかなぁ…」とか。
日常的に事故るイメージをすごい膨らまして生きてるんです。
人のうちで出されたものとか、何か変な薬入ってたら…みたいなことを一回考えるわけです。
まぁ入っちゃいないんですけど。
私、神経質ではないんです、ただの異常な怖がりです。

そんな私がどうしてもどうしてもイメージできないことが。
「車が縁石やガードレールにぶつかったらどうなるのか?」これであります。
路上教習中にハンドル持ってビクビク運転してた時からずーっと気になるんだけど、どうしても見たことないっていうか乗ってる立場から体感したことがないからイメージできないんです。
でも運転中は常に恐怖状態にさらされてるからずっと頭の中は最悪の事態を想像しようしようとしてるわけですね。
その結果、教習中はずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、マリオカートのごとく自分の車がスピンするイメージが続いてました。
車の運転っていったらむかーしSFCでマリオカートしたのが最後なんだもの。

でもね、さすがに脳が「いやいやそれはないだろう…」って一生懸命に否定するの。
だからドンドンパニックになっていくの。
でも一回縁石行っとくか!?とはさすがに思えないじゃないですか。
もし乗り越えちゃったら川に突っ込んじゃうような道を走っていたんだもの。

ジュゲムは水の中から引き揚げてくれないんですよね?

2009-12-06

あ。

書き忘れてたけど合格しました。実技も学科も。
28日に教習所卒業して、2日に学科試験合格して免許取得ということで。

なんか試験を全部一発でクリアしてるんでアッサリな感じですけど、結構大変でした。
全然説明が解らないから「…脱輪?タイヤ抜けんの…?」みたいな。
「………あー、つまり代行っていうのはそういう御商売のことでいらっしゃる…?」みたいな。
そんな理解度からのスタートでしたからね。
「はい、右折して~左折して~」って適当に走らされた後で地図を差し出され「今どこかわかる?」って聞かれた時、「甘い匂いがしたから」という理由で現在地(製菓工場付近の道路)を当てて怒られたりしてたレベルの方向感覚でしたからね。
それがついに免許取得です。すばらしい。
すばらしい○○自動車学校。


そして今日、初めて運転してきました。
父と甥っ子を乗せて、自宅→いとこ宅→スーパーマーケット→自宅。
緊張したけど落ち着いて危なげない走りを見せたと思います。ウソです。
でも何事もなかったので、M氏はちょっと暴言を止めて助手席に乗ってみればいいと思うよ…。

2009-11-27

ぬわー

高速道路はこの世の地獄ですね。有料の。

トロトロ走ってると逆に危険なのはわかるんですが、先生のアクセル踏め踏めコールと、前を走る大型トラックを追い越せ追い越せコールが私を追い詰めるのでした。
今までにないくらいガチガチにハンドル握りしめて必死で走ってたので高速降りてからはほぼ放心状態。
普通の速度で走ってると遅く感じてついつい踏み込んでしまうし怖すぎました。
でもなんだか偶然この日に安全運転のキャンペーンをしていたらしく、出口を通る時に呼び止められて記念品いただきました。

高速道路での注意点や交通ルールのパンフレットに加えて、カレンダー、ボールペン、入浴剤、プレスタオル、ウェットティッシュ、などなど。

etc.jpg

思い出に残る高速教習でちょびっとラッキーでした。

そして今日見きわめを終えまして、いよいよ明日は卒業検定です。
そしていま私は緊張で腹痛と戦っているという…。

しかし今日の縦列駐車は完璧であった。



2009-11-22

その妄想は無理がある

教習所に通い始めて一ヶ月半、受けるべき学科は今日ですべて受け終えまして、あとは実技のみ。
高速道路の実習に一時間、仕上げに一時間、見極めを一時間。
この3時間を終えると卒業検定です。
その後、最後に学科試験。

結構順調なペースで来てる気がする!
12月10日で入校日からちょうど2ヶ月なので、9月の終わりに「怖いよ行きたくないよ」と嘆いていたころの想像よりもすごく早く課題をこなせてます。なぜ10代の時にこの勇気がなかったんだろう。残念な私。

その残念な私よりももっと残念な友人の話。

今や「何この想像以上の順調さ、私運転の神様の加護を受けているのかしら!」と調子づいていることでおなじみのびびさんにも「ああー・・・もう行きたくない・・・このまま上達しないまま半年が過ぎてしまったらどうしようお金が無駄になったらどうしようこの気さくな担当講師の人の評価も下がってしまうのではないだろうかだってこんなにお客が少ないんだものお給料を下げられてしまうのではないだろうかしかもどうやら新婚らしい(事務員の人との会話参照)毎日奥さんの愛妻弁当持参らしい(事務員の人との会話参照)なのにお給料が下がって家庭が険悪になってしまってよもや離婚ということになったらどうしようどうしようご迷惑をおかけしてしまうああー・・・もう行きたくない・・・」と、悩みを抱えていた時期がありました。

そんな折に友人T(免許未取得)からメールが。少しのやり取りの末、
「教習所ってどう!?楽しい?え、楽しくない?教頭が?はしゃいでて集中できない?ああー・・・じゃあすごい好みのイケメンが教官だったらっていう妄想をしたらいいよ」
雑すぎるよその対処法…。
「ハンドルはこう持つんだよ…って手の上からギュッみたいな。」
気持ち悪いよ…。
「君が卒業しちゃったら寂しいから不合格にしちゃおうかな・・?みたいな。」
社会人失格だよ…。
「わざと不合格にしてるのに『元気出して、僕と一緒にまたがんばろう!』ニッコリ、みたいな。」
再試験・追加講習の度に追加料金なんだよ…ホストクラブみたいなことしちゃダメだよ…。
「じゃあさー『デートしてくれたら授業料はいらないよ』って」
授業料のためにデートって援助交際だよ…ていうかプライベートでデートするならさっさと卒業させてよ…。

ていうか普通に「あ、今の良かったですよ」っていう一言で楽しく通学できるようになりました。
単純に少しずつ上達が見えてくれば気持ちも明るくなるものです。
でも教官が蟹江敬三だったらそれだけでウキウキ通うかも。
↑の気持ち悪いセリフの数々は無しでですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。